スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常時はトップダウンでいいんです。調整型ではダメなんです

仙台市高砂市民センター館長
浅見健一さん(64)


浅見健一氏


 「いや実は、これからもう一件立ち寄らなければいけない場所があるんです。あっ、ちょっと待ってください!」

 仙台市宮城野区の仮設住宅で先日開かれた「復興まつり」。盛大な祭りの進行具合を、会場の袖で裏方の一人として確認していた浅見健一さんは、次々に挨拶に訪れる地区民の対応にも追われ、そのつかの間、携帯電話が鳴り響く。

 とにかく、忙しい。

 でも、どんなに忙しくても、声を掛けてきた人たちをぞんざいに扱うことは決してない。わずかの間だが、浅見さんの傍らにいてはっきりとそれに気付いた。

 物腰の低い、どちらかといえば一見目立たぬ人の良さそうな“おじさん”の風貌をした浅見さんは、実は“伝説の人”でもある。仕事場である同区高砂地区とその周辺にある仮設住宅の自治会や町内会の役員、住民たちはこう口をそろえる。

 「館長にはとにかく助けられた。あの人がいなかったらどうなったか.....。感謝しきれないほどに感謝している」

 東日本大震災発生の3月11日。仙台市の指定管理者「仙台ひと・まち交流財団」が管理する高砂市民センターには、助けを求める多数の住民たちでごった返した。正式な指定避難所ではなかったが、緊急事態に、浅見さんは独断で職員たちにこう指示した。

 「避難してきた人はどんな人でも受け入れなさい。絶対、拒否してはいけません!」

 震災を想定して備蓄があったわけではない。440人収容の施設には、震災直後で700人ほどが避難して来た。寒さをしのぐためカーテンや暗幕、紅白幕を使い、浅見さん自ら、考えうる限りの周辺のスーパーなどに食料提供を求めた。同時に、区役所にも支援、応援を求めたが、指定避難所でないことが理由でけんもほろろに断られた。

 「区役所には、3度掛け合いましたが、全く聞く耳をもっていただけませんでした。そこで、私は啖呵切って言いました。『今後一切、行政の支援は受けない』と」

 杓子定規に事を運んだ行政とのやり取りの一部始終を、避難者全員に説明した浅見さんは、こう宣言したという。

 「行政の支援を受けることはできませんが、私の命に代えてもみなさんをお守りいたします」

 その後2週間、浅見さんは自宅に一度も帰ることなく、“避難所”運営の陣頭指揮を執り、強いリーダーシップを発揮した。高砂市民センターの孤軍奮闘ぶりはネットの時代、すぐに各地に知れ渡り、周辺の企業や住民のみならず、有力政治家や全国各地の善意ある人たちから次々と救援物資が届くようになり、同センターは早い段階で、県外を含む他地域の避難所に物資を支援する立場になった。6月30日現在でその数50ヵ所以上、という。避難所が避難所を支援するという珍しい支援体制を形作った。市民センターには、震災翌日の3月12日夕方には避難者が1000人以上に膨れ上がり、ピークの15日には1227人を数えた。

 2008年4月に館長となった浅見さんは、警防課長まで務めた仙台市の元消防職員。約30年間、常に緊急事態を想定した行動を取ってきた職業人で、震災前から、地区の防災体制強化の取り組みに力を入れていた。歴史的大震災にも慌てふためくことなく瞬時の判断で現場を取り仕切り、的確な指示を出しながら必要な行動を取った。

 本人は、「いやいや、私は勝手に指示を出して突っ走ってきただけで、地区住民や職員スタッフのみなさんに支えられてきました」と謙遜するが、震災当日からずっと傍らで働いてきた職員の一人、赤崎利恵さんは「ここを(避難所として)運営できたのは、館長だからできたこと。動物的勘というか。熱い思いと行動力がすべて」と話す。結果的に、高砂市民センターは6月28日まで110日間、避難所として運営された。

 避難所が閉所された以降も、同センターは仮設住宅に暮らす被災者の方々への支援の手を決して緩めてはいない。支援物資の提供はもちろん、温泉旅行や各種イベントの企画や「生きる力」を磨くための学習講座の開講、自治組織の手助け、各種相談などを継続的に行っている。その先頭に、常に浅見さんがいる。

 「中途半端が嫌なんですね。使命感ももちろんあります。それに、徹底的にやらないと気が済まないんです。手助けすると決めたからには、避難所が終わったからといって手を引くわけにはいかない。少なくとも仮設住宅がなくなるまではいろんな方面で支援していく考えです。館長としても、浅見個人としても」

 今年の3月末、浅見さんは退職する予定だった。非常時対応でその期限が来春までの1年間延長となった。それでも、「1年では足りない。これからという時、館長にいなくなられては困るんだ」という声が、仮設住宅自治会や地区町内会の役員、議員たちから出ており、退職時期の再延長を求める動きすらある。

 浅見さんの名刺の裏には、こんな文章が印刷されている。

 -私たちは、よりよい地域づくり・生涯学習教育・子育て・震災の被災者を支援しています。さらに地域の課題や様々な問題を講座として取り上げ、地域の安全や安心のために職員一丸となって全力で取組んでおります。ご意見やご要望は、館長の浅見まで-。

 日ごろからの細かな目配りと気配り、そして配慮。そうした下地があってこそ、大震災という超緊急時に、行動力と統率力が効果的に発揮されたのだろう。


「こんな応援を求めています」

 被災者のみなさんに対する支援物資はほぼそろいました。でも、一律に行き届いているかといえばそうでもありません。物資はともかく、職を失ってお金に困っている人たちが少なからずいます。これからの季節、暖房器具とか灯油を買うにしてもそれなりの資金が必要です。我々が支援している高砂地区の6ヵ所の仮設住宅には、49の町内会から成る高砂地区連合町内会が義援金を受け付け、必要な被災者の方々に配分しています。この町内会への資金援助をしていただくとたいへん助かります。(浅見さん談)


 連絡先は、仙台市高砂市民センター

 電  話022(258)1010

取材・執筆者:河北新報社ネット事業部・相原研也
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tohokutact

Author:tohokutact
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。