スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この震災経験を無駄にしない」

せんだい泉エフエム放送 
取締役事業部長 阿部清人さん(48)

photo.jpg

スタジオで震災時の状況を振り返る阿部さん。
「防災エンスショーを通じて、震災からの学びを伝えていきたい」と語る=仙台市泉区泉中央



仙台市北部、泉区を中心とするコミュニティーFM局「fmいずみ」のキャスターという本職の一方、各地でサイエンスショーを通じて子どもに科学の楽しさを伝える活動を続けてきた。東日本大震災以後は、「防災エンスショー」と銘打ち、子どもたちに「災害を乗り越えるための科学の力」を伝え続ける。

震災当日の3月11日は、仙台市地下鉄の泉中央駅ビル内にあるスタジオにいた。激震で壁にボルトで固定していた放送機材まで倒れた上、スプリンクラーから漏れ出した大量の水で、放送はダウン。同僚の無事を確かめると、自らは渋滞の中を車で走り、災害協定を結ぶNHK仙台放送局に駆け込んだ。

事情を伝え、すぐスタジオへ。震災発生から約2時間後、仙台市中心部にあるNHKまでの道中、目にしてきたことをつぶさにレポートした。

その後は、キャスターの顔にかねて取得していた資格「防災士」の視点が加わる。被災地は当時、広域に停電し、雪も降り始めていた。

「寒さをしのぐために、新聞紙があれば体に巻き付けましょう」
「車に避難している人は体を動かし、エコノミークラス症候群を防ぎましょう」
台本も原稿もない中、持てる知識を総動員してリスナーに生き抜く術を伝えた。

沿岸部の津波被害の情報が徐々に入り始めた夜更け以降は、被災者を励ますことに重きを置いた。
「みんなで助け合いましょう。避難所いる方なら、隣の人に声を掛けてください。そして会話をしてください。励まし合ってください」
「明けない夜はありません。気持ちを強く持ってください」

他局のキャスターがNHKの電波の使い、異色のメッセージを発信し続けた放送は、日付が変わるまで続いた。

肝心の自局の放送は12日午後、泉区役所内に発電機を持ち込んで仮設スタジオを構え、再開した。紙にマジックで手書きしたチラシ100枚を周囲の電柱に貼り、79.7メガヘルツの放送再開を周知。スタッフが自転車などで地域を掛け回っては、「居酒屋○○は営業」「器持参なら販売OK」「××には粉ミルクあり」といった生活情報を電波に乗せ、「命と暮らしを守る放送」を続けた。

そんな体験を経た震災後、10年続けてきたサイエンスショーは、深みを増した。
7月上旬、仙台市内の小学校で行ったショー。3年生の児童170人を前に、阿部さんは模型を使って地震のメカニズムを説明しながら、「東北は大昔から何度も地震に襲われたが、そのたびに乗り越えてきた。被害を小さくしたり、防いだりするためには、科学の力が必要」と語りかけた。

ただ、胸の中にはしこりもある。工業高校出身で科学の知識があるのを買われて2001年、福島で開催された博覧会でパビリオンのショーを任されたのが講演者としての出発点だが、発注者は東北電力と東京電力だった。その後も電力関連の依頼が多く、原子力の安全性を説いた経験もある。それだけに、「原発事故のために故郷を追われた子どもたちには顔向けできない」と唇をかむ。

それでも、「この震災経験を無駄にしない」との決意は揺るがない。宮城県石巻市の生まれ。4月になってやっと訪ねた郷里は変わり果て、がく然とした。犠牲になった親戚もいる。「被災地の姿を発信し続けることで、復興を後押ししたい」との思いは強まった。

震災後もショーの依頼は全国から舞い込む。要望の中には当然、「被災地のいまを伝えてほしい」との声が必ずある。各地の同じコミュニティーFM局仲間からは、電話出演で被災地情報を届けてほしいとの依頼が連日のように届く。

「被災地には長い支援が必要。だから少しでも被災地に目を向け続けてくれる人を育て、増やしたい」。そんな思いからショーの依頼にも、電話出演にも可能な限りこたえている。

「伝えたいのは、自然を『正しく恐れる』ということ。科学の知識を持つことは、自然と共生・共存する力になる。例えば『○月×日に大きな余震が来る』というデマが流れても、現代の科学では地震予知はできないという正しい知識があれば、誤った不安を抱かずに済む。科学を楽しく、分かりやすく伝えながら、防災の力も身に付けてもらいたいんです」

震災を伝えることで被災地を支えようとする独自の歩みは、世の中に静かな科学変化を起こし続ける。


こんな応援を求めています

被災地に目を向け続けてもらうことが、何より大切。そのために求められれば、どこにでも出向きたい。震災のことを、より多くの人に伝えられる場、機会を提供してほしい。
阿部さんの連絡先はfmいずみ022(375)8808。

取材・執筆者 河北新報社ネット事業部・大泉大介

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tohokutact

Author:tohokutact
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。